疑似新幹線通勤(朝)

今日は1日だけの新幹線通勤です。3月下旬となった湯沢は、早朝の寒さも和らいできました。道路の雪はほとんど無くなり、すっかり歩きやすくなっています。5時に起きて5時半に家を出る。始発の電車に乗るためです。始発の電車に乗らないと会社に間に合わないのです。


f:id:YUTAI:20190326191538j:image

始発列車のMAXたにがわ400号を逃すと、次の列車は7時8分発のたにがわ402号になります。一時間以上も列車間隔が空いており、東京到着が8時40分になってしまうのです。会社が9時始業である場合、オフィスが丸の内や八重洲の目の前にでもなければ間に合いません。中にはフレックス制や10時始業の会社もあるでしょうが、越後湯沢から都内へ新幹線通勤をするためには、基本的に始発に乗らないと遅刻をしてしまうわけです。
f:id:YUTAI:20190326192442j:image
なので湯沢から新幹線通勤をする人はほとんどおらず、16量編成のMAXはガラガラです。f:id:YUTAI:20190326192413j:image

実は先日も日曜日に同じ電車に乗ったのですが、そのときは終点の東京まで車両の2階席は自分一人だけでした。

今日はどうだろうと思いながら車内で朝飯を食っていたのですが、高崎でものすごい数の人が乗ってきて自分の横の席も埋まりました。熊谷でもたくさん乗りましたのでほぼ満席に近かったのではないかと思います。グンマーやサイタマーからこんなにたくさんの人が新幹線通勤をしているとは正直思いませんでした。MAXが走らなくなったらもっと混雑してしまうことでしょう。あんまり優雅な出勤ではありませんでした。。